・色気が無い。妙にいろいろなことに疎い(男性/18歳/大学1年生)
・ダサい服を着ている(女性/22歳/大学3年生)
・スタイルが悪い(女性/21歳/大学2年生)
・気遣いができない(女性/20歳/大学2年生)
・美人だが、家事能力がほぼ皆無(男性/22歳/大学3年生)
・声が低い、無表情。話しかけづらい(女性/19歳/短大・専門学校生)
・オープンすぎる性格(男性/20歳/大学2年生)
・愛想が全くない。性格悪そうに思ってしまうから(女性/20歳/大学2年生)

 

たとえ顔がかわいくても、性格が悪いから付き合いたくないという男子が多数いました。恋愛に発展させるなら、外見だけではなく中身も重要ということがわかります。人の陰口を言うなど、性格の悪そうなところに幻滅してしまうようですね。また、がさつで男っぽいような雰囲気が伝わってしまうと、恋愛対象として見られなくなることもあります。外見でモテるからと油断し、恋愛の努力をしないと大変なことに。「美人なのに……」と残念に思われないようにしたいですね。

 

ちょっとボーっとしているくらいの嫁は、姑としてもかわいいと思えるでしょうが、天然すぎて周囲の人に合わせられなかったり、空気が読めないとイラッとさせるかも。姑が考えていることを察する勘のよさが必要なようですね。

 

夫を挟んで嫁と姑が対決するという構図は多くの家庭で見られますが、女同士であり、夫への愛情を持っているというところで張りあってしまうせいもありそうです。もちろん愛情の形はちがうものの、姑からすると大事な息子を奪われたという気もして、嫁への対抗心を燃やしてしまうのかも。夫にとっての大切な人、人生、妻、母の先輩として見てみると、そんな姑がもう少し大事に思えるかもしれませんね。今日からその子は僕の彼女ってことで良いですね。