ガリバーで新古車を購入する方法

 

ガリバー評判

 

新古車とは新車登録を行なっただけで、まだ走行していない車のことを意味します。「未使用車」と呼ばれることもあります。新古車はまだ使用されていない車ではあるものの、扱いとしては「中古車」になります。車は登録された瞬間に中古車になるからです。ですが、状態は新車と全く同じです。

 

状態は新車と全く同じだけど中古車という扱いなので、新車よりも安く購入することができます。そのため、日本全国で「新古車買いたい!」と思っている人が続出しています。

 

そもそもなぜ新古車というものが市場に出回ってしまうのでしょうか?その理由はディーラーの「ある事情」にあります。

 

ディーラーはメーカーから販売奨励金というものが支払われます。これはディーラーが新車を一定台数売ったときにメーカーから支払われる報奨金のようなものです。

 

しかし、ディーラーの売上台数があと一歩で目標に届かないことがあります。目標に届かないとメーカーから販売奨励金は支払われません。そこで、ディーラーは新車を自分のところで買取り、その台数を売上台数に計上して、目標台数に届かせようとするのです。自分で買取ったとしても売上は売上ですから、目標台数に到達すればメーカーから販売奨励金は貰えることになります。

 

しかし、自分で買取った新車を在庫として置いておくわけにはいきません。そこで、ディーラーはその新車を中古車オークションに売却してしまうのです。この新車は全く走行していないので、中古車としての扱いとなります。これが新古車が市場に出回る理由です。

 

この新古車をガリバーで購入することができます。しかし、普通に店舗に行って探すのは効率が悪すぎます。なぜなら、新古車の流通量はそれほど多くないからです。

 

ここで役に立つのがガリバーの「中古車提案サービス」です。このサービスでは自分が求めている車をガリバーが代わりに探してくれるというもの。ガリバーは膨大なネットワークを構築しており、全国のオークション会場から新古車を見つけてくれます。

 

中古車提案サービスの申し込み方法は簡単です。ガリバーのホームページにある入力フォームで車種や希望価格を選択し、備考欄に「新古車(未使用車)」と記入するだけです。

 

ガリバーで新古車を購入したい人は、ぜひ「中古車提案サービス」を活用してくださいね。実際に店舗に足を運んで探すより圧倒的に早くお目当ての新古車を見つけることができますよ。