ガリバーのクレームガード保証とは?

 

ガリバー評判

 

ガリバーにはクレームガード保証というものがあります。このクレームガード保証というのが結構ややこしくて、「よくわからない」といった声が多く聞かれます。そんな悩みの声にお答えすべく、ガリバーのクレームガード保証について詳しく解説します。

 

クレームガード保証を簡単に説明すると、ガリバーで中古車を売却するときに保証に加入しておけば、後から車に瑕疵(欠陥)が見つかっても賠償請求しないというものです。

 

たとえば、あなたが修復歴が有ることを伝えずに愛車を売ったとします。しかし、売却後に修復歴が有ることをガリバーが見つけた場合、あなたは損害賠償を請求される可能性があります。「修復歴が有ることを伝える」という義務を怠ったからです。これから車を売ろうと思っている人は、このような事態にならないか不安ですよね?

 

そんな人のためにガリバーが用意したのがクレームガード保証です。クレームガード保証に加入しておけば、査定後に修復歴が見つかったとしても、損害賠償を請求される心配はありません。車買取におけるトラブルを避けるための有益な保証と言えます。

 

ただし、クレームガード保証は有料です。加入に必要な料金は、買取価格によって異なります。買取価格が10万円までなら4,900円、10万円〜20万円なら5,900円、20万円〜30万円なら6,900円・・・というように、買取価格が上がるほど、加入に必要な料金も上がっていきます。

 

結局クレームガードに入った方がいいの?

 

皆さんが一番知りたいのが、クレームガード保証に入った方がいいのかどうかだと思います。結論から言うと、基本的にクレームガード保証に入る必要はありません。

 

そもそも後から修復歴が見つかるということは、ガリバーの査定士がその場で修復歴の有無を見分けられなかったということを意味します。査定士はプロですので、修復歴を見逃すという行為は致命的な過失に当たるんです。

 

また自動車公正取引協議会(自動車業界を取り仕切る団体)も、「査定士はプロなので、車の不具合を見逃した場合は車買取店に責任が発生する。クレーム費用を保障する保険に売り手が加入する必要はない」といった意見を述べるほどです。それほど査定士の「修復歴見逃し」は致命的なミスなんですね。

 

ですので、修復歴を故意に隠すなど、売り手によほどの過失が無い限り、たとえ後から修復歴や不具合が見つかったとしても、損害賠償は請求されないと考えられます。こういった理由から、クレームガード保証に加入する必要はありません。

 

まずは一括査定を利用してみよう

 

それでも、「クレームガード保証には入らないと買取価格を下げられるのでは?」「後からトラブルに巻き込まれるのは嫌だし・・・」という心配をされている人もいると思います。そんな人は、ガリバーだけでなく他の買取店も売却候補に入れてみてはいかがですか?ガリバーだけでなくカーチスやビッグモーターなど、車買取店は他にもたくさんあります。

 

そもそもガリバーがあなたの愛車を高く買い取りしてくれるとは限りませんし、ガリバーとあなたの相性が合わない場合もあります。やはり、いろいろな買取業者から査定を受けることで、各業者の特徴やメリットというものも見えてきます。もし、複数の買取業者から査定を受けて「やっぱりガリバーが一番いいな」と思えば、ガリバーに売ればいいですし、その時にクレームガード保証に加入するかを決めればいいわけです。あなたにピッタリの業者を見つけるためにも、ぜひ一括査定を活用してくださいね。