ガリバーの10年保証とは?

 

ガリバー評判

 

ガリバーで中古車を購入すると「10年保証」というものに加入することができます。ガリバーで中古車を購入後、10年以内にエンジン、ブレーキ、エアコンなど車の重要部分が故障した場合でも、安く修理してくれるというものです。

 

この10年保証は、ディーラーで受けれる保証に比べても手厚い制度となっています。ディーラーで新車を購入したときに加入する保証はだいたい3年〜5年が限度となりますので、ガリバーの10年保証がいかに手厚いかがお分かりいただけると思います。

 

ガリバーの10年保証に入るための条件

 

ガリバーの10年保証に入るためには、ある一定の条件を満たす必要があります。その条件とは・・・。

 

ガリバーで車検を受けること

 

10年保証に加入するためには、ガリバーの店舗もしくはガリバーが指定する整備工場で車検を受けなければなりません。もしガリバー以外で車検を受けると、保証は無効となります。

 

 

2年目以降は免責金が必要

 

購入後2年目以降は1回修理を受ける度に免責金を払わなければなりません。無料で修理してくれるわけではないんです。1回あたりの免責金は輸入車で15,000円、国産車で10,000円となっています。

 

 

条件に該当する車のみ保証の対象になる

 

ガリバーの中古車全てに10年保証が適用されるわけではありません。保証対象条件があらかじめ定められており、それに該当する中古車を購入した場合のみ保証に入れるのです。

 

 

ガリバー評判

 

 

このように、「経過年数7年未満・走行距離7万キロ以下」といった条件が定められています。走行距離10万キロを超える過走行車や年式が古すぎる車を購入した場合は、10年保証に入ることはできないというわけです。

 

ガリバーの10年保証に入るべき人とは?

 

ガリバーの10年保証は誰にでもオススメできるものではありません。入った方がいい人と入らない方がいい人がいます。

 

10年保証に入るべき人というのは、車を長く乗るつもりでいる人です。中古車は経年が進むに連れて、あらゆる箇所に不具合が出る可能性が高くなります。もし、エンジンが故障してしまったら、載せ替えだけで10万円〜20万円の修理費が発生します。しかし、ガリバーの10年保証に加入しておけば、わずか1万円で修理してもらえるので安心感が違います。

 

逆に車を長く乗るつもりが無い人は、ガリバーの10年保証に入る必要はありません。「2、3年乗り倒したら別の車に乗り換える」「飽き性なのですぐに買い換えるつもりだ」このような人は、車にこだわりがあると思いますので、車検を受ける場所も、自分のお気に入りの店舗があるはずです。それなのに、ガリバーでわざわざ車検を受けないといけないんて鬱陶しいですよね?

 

結局、あなたが中古車とどのように付き合っていきたいかで、ガリバーの10年保証に入るべきか否かが変わってきます。「中古車を長く・大事に乗りたい」「車に経費をあまりかけたくない」という人にとっては、10年保証は大変有り難い保証でしょう。しかし、それ以外の人にとってはあまり価値のないものだというのが当サイトの見解です。