ガリバーで中古車を購入後不具合発見!契約解除は可能か?

 

ガリバー評判

 

 

ガリバーで中古車を購入して喜んだのも束の間、その車に不具合があることがわかりました。この時、中古車購入契約を解除することはできるのでしょうか?

 

結論から言うと、契約解除できるのは「ガリバーが車に修復歴が有ることを隠して販売した場合」のみとなります。ここで注意してほしいのが、「修復歴」についてです。修復歴とは車体の骨格部位の損傷を修復した履歴のことを指します。骨格部位とはフレームやパネル、クロスメンバーなどのことです。つまり、これ以外の部分の破損を修理しても修復歴にはなりません。

 

そして、修復歴以外の不具合や交換歴に関して、中古車販売店は客に申告する義務はありません。たとえば、あなたが購入しようとしている車のミラーに傷があった場合でも、ガリバーはこの傷があることをあなたに申告する義務はないのです。ミラーは車両の骨格部位ではありませんから。こういうことから、ガリバーが修復歴が有ることを隠していた場合しか、契約の解除はできないんです。

 

そもそも、中古車というのは既に誰かが乗ったことのある車です。そのため、納車後に不具合が見つかったとしても、その不具合がガリバーの責任によるものかを立証するのが非常に困難になります。基本的に中古車購入後のキャンセルはガリバーに限らず不可能と考えておきましょう。

 

ただし、ガリバーには中古車の返品制度というものがあります。ガリバーで中古車を購入した場合、納車後100日以内なら下記に示す条件を全て満たした場合のみ、返品を受け付けてくれます。

 

 

ガリバー評判

 

ただし、返品できたとしても車両本体価格の約5%のサービス料を支払う必要があります。また任意保険の解除はこちらで行わなければなりません。「完全無料・手間なし」で返品できるわけではないんです。「ガリバーなら返品してくれる=契約解除できる」と勘違いしないようにしてくださいね。